Naomi Wu speaking at COSCon'18 (China Open-Source Conference)

皆さんこんばんわ。私はNaomi Wu, セクシーサイボーグとしても知られている。 私はオープンソースの布教家だ。 私は「よくあるギーク」の見た目じゃない。 なので、自分のことを少し説明しよう。 私はTechとDIYについてのyoutubeチャンネルをしているYoutuberだ。 私のチャンネルは、中国本土の中国人の英語チャンネルでもっとも有名だ。 何をやってるのか理解できないと思うので、いくつか例をお目にかけよう。 難しく聞こえるかもしれないが、これは私が前にバタバタと苦労したモノだ。 これにどういう反応があったかを説明することが、私のメッセージだ。 私は深圳を「東洋のシリコンバレー」とプロモートしている。 それは中国国内にオープンソースを広める活動でもある。 そして、オープンソースコミュニティを中国含め広く広げていく活動でもある。 私は平均的でない、変わり者だ。 中国のイノベーションにおいて、楽しみとクリエイティブを象徴する変人であろうとしている。 私のプロジェクトは中国最初の「オープンソースハードウェア協会認定」となった。 今日は「草の根オープンソース活動を中国社会に根付かせる」私の冒険を話します。 私はそれほど多くのイベントでは話さない。イベントのほとんどは単なるショーだ。 良いことを言ってるように見えて、何もしていない。 皆がオープンソースについてショーで話すが、たったPCBにロゴを入れるだけのことをやらない。 プロジェクトがOHSW(オープンソースハードウェア)と認定されたら、彼らのwebサイトで確認でき、シリアルナンバーが表示される。 サイトを訪れれば、私のロゴが見えるだろう。 中国のナンバーはCNで始まる。 CN001-003はすべて私のプロジェクトだ。(拍手) 私のスローガンは 「喋ってるヒマあったら手を動かせ」 (Less yammering, more hammering)だ 私は中国企業のオープンソースコミュニティへの接近を助けている。 西洋人共は「中国人はカネにしか興味がないのでオープンソースを受け入れない」と信じたがる。 もしオープンソースがビジネスにならないなら、西側企業もビジネスの外でやるはずだ。 マイクロソフトは多くの知財をオープンソースにしている。 それは、「彼らがイイヤツだから」じゃない。 開発上もマーケティング上も、オープンソースはビジネスに利益をもたらすからだ。 オープンソース活動をする上で出くわしたいくつかの障害について話そう。 なぜ西洋人共がしょっちゅう、飾った言葉で、「中国市場はオープンソースのマーケットじゃないよ」と私を説得しようとするのか。 どうやってオープンソースが実際的で利益を生むか、そしてなぜ人々は誤解しているか。 自分のプロジェクトと、たどり着いた結論が、その答えになるだろう。 BBC Micro:Bit、教育用のシングルボードコンピュータが好きで、さらに君が考え続けるなら、君も答えを見つけ、役に立てることができるだろう。 BBC Micro:Bitはすばらしいハードウェアだ。 様々な教師がMicro:Bitを褒めている。 私はいくつか不満があった。 不満の一つは機能が限られ、シンプルないくつかのプロジェクトしか、ボードだけではできないこと。 いろいろな会社にとって、高価な拡張ボードを売ることは良いビジネスになっている ハードウェアを売るのが君のゴールならそれでもいいだろうが、、 2億人以上もの子供たちが機会を失っている。 中国が国家規模でMicro:Bitを使うのは難しい。 私のプロジェクトは「sino:bit」という。 これがBBC Micro:Bit これはMicro:BitクローンのドイツのCalliope mini もしもボード一つしか子供に渡せないなら、

一つのボードのために、いくつもの拡張ボードを、なくしたり壊したりすることになり、しかも 接続トラブルにも悩まされる。 ドイツで教育用のシングルボードコンピュータがカリキュラムに入るとき、彼らはmicro:bitを分家させてこれをつくった。 Calliope miniはモータードライバなど、いくつか追加機能があり、 拡張ボードなしで簡単にロボットなどにつかえる 大事なのは「子供が喜び熱狂すること」だ Calliope mini はmicro:bitの進化バージョンだ Calliope miniは拡張ボードを必要とせずに、多くのすばらしいカリキュラムをこなせる ボードの中央にLEDディスプレイがあるが、、 micro:bitもCalliope miniも5*5のLEDしかないのが不満だ 多くのプロジェクトではスクロールする文章を表示させる。 micro:bitが使う人に語りかけてくるように 多くの開発者が私に「micro:bitのプロモートができないか?」と聞いてきたが、私は断った。 最初の”Hello World”表示は、我々中国人に何の感動ももたらさない。 何人かのプログラマは同意してくれたが、ともあれ教育のために何かしなければならない 中国の子供が”Hello World”を見て何を感じるか? 何も感じない。それは英語で、中国語じゃないから、わからない。 中国での”Hello World”は、イギリス人の子供に中国語のメッセージを見せるようなものだ。 英語の”Hello World”を、家で祖父母に話すこともできない。 子供たちも祖父母に説明できないだろう。 私はCalliope Miniの開発者たちにTwitterで話してみた。 お互い問題を理解したところで、「LEDを5*5から12*12にしたい」とアドバイスを送った。 そうすれば中国語だけでなく、ラテン語圏以外の、日本語やアラビア語、ヒンディなど、いろんな言語を表示できる。 私は世界の子供たちのために、5*5のLEDを12*12にしようと提案した。 自分の言葉で”こんにちわ 世界”とコンピュータが語りかけてくれる経験のために。 なにをすればいいかはわかっていた。 Twitterに、「私は中国人のために、micro:bitとCalliope miniのクローンを作る」と語った。 文字のための12*12のLEDと、形を八卦から取った。 教育用ボードのために、他にもいくつかアイデアがあった ポートそれぞれに八卦にちなんだ名前をつけた ボードの製造パートナーとして中国企業をパートナーに選んだ デザインとエンジニアの部分で彼らを説得した そしてこのボードについての知財をFreeにした。 sino:bit はオープンソースで、githubで見つけることができる。 これは大きな挑戦になった 今から思えば短い時間で、 もっとも大事な第一歩は見てくれるコミュニティがあることだ。 GitHubに単にファイルを置くのではなく、それをアピールしなければならない コミュニティからの注目がなければ、君のオープンソースはどんなに頑張っても小さく見える 思い返せば、大学の頃 寮のみんなで火鍋を囲んでいるときにも煮たような経験をした。 寮の住人でなくても、火鍋パーティーに参加したがる人たちはいた。 彼らはいくつかの具材を持ってきてくれた 友達を作り、よいものを食べる良い方法だ。 もしも君がいいスナックを火鍋パーティーに持ってきたとしても、 誰も君を紹介してくれず、そして君からも話しかけなければ、 君が部屋に帰ったとき、出たときから何も変わっていない。

よい、助け合える友達を作らなければ、我々はすぐに君を忘れてしまう。 君が火鍋パーティーに単に来ただけでは、何もしなかったのと変わらない。 同じ事がオープンソースにも言える。 シェアやソーシャルへの告知のない投稿は、 もともと有名人でもない限り、 自分自身しか、君の活動に興味を示さない。 あらゆる成功したオープンソース活動は、それを取り巻くコミュニティに支えられている 深圳の会社が新年のお年玉をパーティーに持ってくるより、 私のような有名な女性がパーティーに誘う方が新しい友達を作れる 私は欧米のソーシャルメディアで有名だ。 いくつかのハードウェアニュースサイトで記事を書いたこともある Make:Magazineはこのボードの物語を掲載した。 Capelloni Miniチームもドイツの教育活動が中国人を助けたことを喜び、 かつソースファイルにアドバイスをくれた。 sino:bitが実際に売り出される前に、しっかりしたオンラインのコミュニティができ、 公開を待つ人々を増やしてくれた。 これはオープンソース活動のキーだ。 いろいろな人が告知を助けてくれる。 もしも君がコミュニティと良い関係を築けていなかったら、誰が助けてくれるだろう? コミュニティなくして、だれも君や君のプロジェクトを知ることはできない。 外部からの助けなしに、どうやってプロジェクトを進める? 最後にElecrowというsino:bit製造会社との話をしよう 彼らは設計と製造を助けてくれた 彼らはメイカー向けの製品を販売している 私の製品プロモーションは彼らを有名にし、 彼らの仕事に最高の報酬となった。 私が彼らに話したアイデアは、 Calliope Miniからもらったオープンソースのファイルに改善を加えられたら、 それを公開して公報に役立てることだ。 そして、コミュニティの理解を得ることだ。 3ヶ月後、sino:bitはリリースされた。 そう、たった3ヶ月しかかからなかった。そして、ドキュメントはOSHWの認定を受けた。 この事実はあっという間に欧米のコミュニティで大ヒットになった。 多くの開発者が投稿をはじめた。 3000万ドル企業Adafruitsのファウンダーリモア・フリードも同じように投稿してくれ、 むしろそれ以上に拡散してくれ、私はアメリカで彼女たちの工場を訪問した。 私たちは今も良い友人でいる。 リモアはたくさんのsino:bitを注文してくれ、彼女のスタッフもコードを書き始めた 他の教育ツールも一緒に使えるようになるだろう そして、sino:bitのためのカリキュラムも作られはじめた。 インドからの教育者が、ヒンディー語をサポートしてくれた。 3ヶ月語、私は中国本土の人間として初めて、Make:Magazineの表紙になった。 sino:bitを持ち、見開き一杯にElecrowがエンジニアリングで果たしてくれた仕事を語っている。 sino:bitについてさらに見せるものがある。 Adafruitsの社員がsino:bit向けのmicropythonのチュートリアルを書いてくれた 別の友達はmbedで1文字ずつ文字を書いてくれた 私たちは中国語でのサポートが足りなくて、中国語の出し方機能を公開できていなかった。 今では10000-20000もの漢字が公開されている。 もし私がこの漢字パッケージを買うなら、2000ドル以上は払わなければならないだろう。 これは成功したオープンソースプロジェクトといえる。私はウソを言わない。 これは自分たちのチームで成し遂げた、実際的で利益をもたらすオープンソースの成功だ。 Elecrowは西洋のメディアや雑誌に掲載された 私はmake:magazineの表紙に載った。 Win-Winの結果だ。 私のyoutubeチャンネルを見てる多くの人が,3Dプリンタのビデオを見ている。 世界の3Dプリンタのコミュニティは小さく、お互い知り合いだ。 我々はいつもいろいろなソーシャルメディアで話している。

コミュニティは、私がオープンソースを守ることを知っている。 もしも外国人が中国の会社に文句を言いたいとき、みんな「Naomiと話せ、3Dプリンタの会社みんなが彼女を知っている、彼女が脅せば言うことを聞くよ。」 私は彼らが何を言ってるかわからないが、 もちろん私はスイートでおとなしい中国人女性だ Creality3Dの工場を訪問するとyoutubeチャンネルにアップした。 西洋のことわざに、蜂蜜は酢より多くのハエを捕まえる とある 私は彼らのボスに、カメラの前でオープンソースについて語ろうと要求した。 彼らは「私が工場のあら探しをする」と思っていたので、noと言うんじゃないかと思っていたので、 「お金は要らない。GPLをきっちり守って欲しいだけだ」と伝えた。 彼らがそれをOKといったことに驚いた。 そのやりとりが、オープンソースとの関係についてうまくいくキーを見つけた瞬間だ。 Creality3Dのボスにインタビューしたとき、 彼らは3人のボスがいて、工場は武漢にあった。 そして彼らは新しいビルを深圳にたて、より大きくなりつつある。 多くの人がyoutubeでそのやりとりを見た。 中国語でのインタビューだが、私は英語字幕をつけ、ビデオは多くの人に好意的にうけとめられた。 中国の大企業の社長がオープンソースについて、私のようなyoutuberとカメラの前でオープンに話すなんて誰も考えていなかった Crealityは私をスポンサーし、YoutubeのDIYプロジェクトに月額援助してくれている。 そして私は彼らのオープンソースコミュニティへの活動を調整している。 広東語でこういう調整役を和事佬という 私はフリーランサーで、毎日オフィスに行く必要はない。 中国人は毎日ミーティングをするのを好むが、私は聞かずにすむ 基本的に社内の命令系統の外側にいる誰かが、顧客への広報をするものだ。 中国人は私たちの文化をわかっている。 私は多くの外国人に中国の事を説明する。 1ヶ月経たないうちに、CR-10sという3Dプリンタで私たちのパートナーシップは始まった。 世界でもっとも売れた3Dプリンタで、完璧にGPLをサポートしている 瞬く間に社長とのディスカッションは注目の話題になった。 私は次に普及してるEnder-3のファイルをOSHW協会に登録した。 Ender 3 は中国最初のOSHW協会認定3Dプリンタとなった CAD,BOM,ガーバー,ファームウェアすべてのファイルがGithubにポストされている。 商用・非商用に関わらず、誰でもコピーして販売できる。 誰でも名前やロゴだけ変えて同じ3Dプリンタを作ることができる もちろんtaobaoでDIYキットを売るのも、なんでもできる。 なぜならそれが完璧なオープンソースだからだ もちろん、Ender-3がオープンソースになっても、深圳はハードウェアのパラダイスだ。 もしもEnder-3のクローンが他の工場からすぐ販売されて、Taobaoで見つかるようになるだろう。 これはCrealityにとって大きな、すごく大きなリスクだ。 ラテン語のQui audet adipiscitur (勇気のある者が勝つ)だ。 Crealityは勇気を出し、そして勝った。 Ender 3はamazonでもっとも売れた3Dプリンタとなり、 100を超えるレビューがオープンソースについて、「それが買う理由になった」と言及している。 Creality3Dはその後もオープンソースへのコミットを続けている。 その後のファイルもGPLで公開されている。 彼らの販売もマーケットシェアも伸び続けている。 消費者はオープンソースへのコミットを好む。 このレッスンは、オープンソースがうまい状況で正しく使われれば、利益を生むことの証明だ 完全なOSHWを正しく使えば、大きな差別化要因になる。 カギはコミュニティへの貢献だ。 自分の活動を多くの人に知ってもらわなければならない 顔のない「会社」でなく、話せる人にならなければならない。

どの成功したオープンソースプロジェクトもオンラインのコミュニティを持っている。 エンジニアがどのコミュニティにも参加していなかったら、 コミュニティとコミュニケートしていなかったら、最後には見捨てられるだろう。 説明なしにGithubにファイルを置くだけでは、 プルリクエストをマネージせず、西洋の開発者とコラボレーションしなければ、 あなたはオープンソースの効果から離れつつある。 特に西洋人の開発者たちと。 そして、何も得られない。 これらすべてが、中国のテック企業の習慣を変え、オープンマインドを促している。 もしもボスが新しいことに挑戦しない石頭なら、 職位が目の前に立ちはだかり、西側の企業のように振る舞わないなら、 プログラマならただ、自分の意見をボスに伝えよう。 ボスがエゴで新しいアイデアを受け入れられないなら、 いつも別のやりかたで利益を得ているなら、うまく行くか見ていよう。 私たち中国人は成功に飢えている。貪欲な人々はオープンマインドになる。 そして、新しい事を試して腹を満たしたい。 オープンソースでも満腹になれるーきちんと料理すれば。 最後にもう一度 「喋ってるヒマあったら手を動かせ」 (Less yammering, more hammering)!